バングラデシュの旅8 解説

「バングラデシュの旅8 
グラミンユニクロに行ってみたら普通におしゃれだった」 解説

コックスバザールからダッカに帰ってきた僕たちですが、
当日は雨のため、当初の予定を
変更して、お土産を含めショッピングに
向かうことにしました。

一番の目的は、バングラデシュにある
ユニクロへ行くことです。
こちらでは、グラミンユニクロという名前です。
A7305630.jpg
A7305632.jpgノーベル平和賞を受賞しているムハマド・ユヌス氏が
創設したグラミン銀行グループと共に
ソーシャルビジネスとして開始し、
バングラデシュで生産、販売され、
その収益をビジネスに再投資されているというものです。
つまり、企画、資源調達、現地の工場での生産、
店舗での販売、利益の再投資とバングラデシュの中で
多くの雇用やビジネスが生まれる仕組みを作っているそうです。
A7305635.jpg
実際に店舗に行ってみると、
綺麗な内装は本家ユニクロを彷彿とさせました。
商品もユニクロらしさを感じさせつつ、
デザインや柄などはバングラデシュ人の好みに
寄せているところも感じました。
それでいて、
モダンなデザインなど地域の伝統とデザインを
融合させている感じがしました。
店員さんも気さくな感じで、
一緒に撮影させていただきました。
A7305636.jpg
2人で思わず、たくさん買い込んでしまいました。
僕は、ポケッタブルパーカーや、シャツ、ネルシャツ、
アンダーウエア、ジーンズなど爆買いでした。
シャツなどは、日本円に換算すると1,000〜2,000円程度と
日本の値段とさほど違いは感じられませんでした。
逆にいうと、バングラデシュの中では、
高級な部類に入るのではないかなと思います。
A7305658.jpg
その後は、
ショッピングモールなどをぶらぶら。
映像にもあるように、熱帯魚屋さんって
最近は色々な国にあるんだなと。
観賞魚を楽しめるくらいの層もたくさん
生まれているってことなんでしょうね。
A7305661.jpg
また、映像には一瞬しか出ませんが、
カメラ屋さんに寄ってみると、
カメラ用ジンバルをはじめ、
各種撮影機材が揃っていました
日本のカメラメーカーのカメラは
高級品といった感じでした。
店員さんと、使っている機材の話で
暫し盛り上がりました。
やっぱり、好きなものの話で盛り上がれるのは、
万国共通ですね。
A7305687.jpg
A7305688.jpg
A7305691.jpg
ぶらぶらとしながら、バングラデシュの
今を垣間見ることができた1日でした。

当日の動画
【バングラデシュの旅8】グラミンユニクロに行ってみたら普通におしゃれだった
【Go to Bangladesh Vol.8 DHAKA Grameen UNIQLO】


下の写真は間違い探しです。A7305684.jpg

間違い見つけることができましたか?

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

kenkentravel

Author:kenkentravel
まだ見ぬ人々、景色、文化に触れることをモットーに世界の中で秘境と呼ばれる場所を中心に旅を続ける。

世界にはまだ知らぬ場所、文化、人々がたくさんいる
旅をすることは「世界を知ること」「自分を知ること」
旅で感じたことを映像や写真を通して伝えていければと思います。

公式Youtube channel/Kenkentravel

公式 Website
https://www.kenkentravel.net/

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR